血液

分子矯正のさわやか健康会

血液の役割

                                                      





         
      人の生命活動を行う中心となるものが血液です。60兆ともいわれる

         細胞に酸素と栄養を送り続け、細菌、ウィルス、ガン細胞を攻撃し

         体の機能を維持しています。



         人が健康を保ち続けるには十分な睡眠、適度な運動、バランスの良い

         食事などが必要になります。

         またストレス、活性酸素を排除していくことが大切です。



         血液は肺の外呼吸による酸素を全身の毛細血管へ送り、

         二酸化炭素を回収(ガス交換)することで細胞は生き続け生命を

         維持しています。



         赤血球は形を変えながら抹消血管を通過していきます。

         この形を変える能力のことを赤血球変形能といいます。

         この変形能が低下して赤血球が太ってくると抹消血管を通過

         できなくなり血液がドロドロし酸素の送りに支障をきたし、

         二酸化炭素の回収もスムーズでなくなってきます。

 

         通常分解されるはずのコレステロールが血中に残存するように

         なります。これが積もり積もったのが動脈硬化です。

         血液はいつもサラサラが長生きの秘訣になります。


          


          (赤血球を太らせない→毛細血管通過→血小板の働きを正常にする
                        →血栓を作らせない→動脈硬化にさせない→健康の基本)



         
 



トップページ

前立腺肥大症について
         
ガンについて

目の病気

糖尿病のタイプと合併症

血液の役割

アレルギーについて

大腸と内臓のかかわり

便秘の種類

分子矯正



   

        
                                                                           Copyright (C) さわやか健康会  ALL Rights Reserved