糖尿病

分子矯正のさわやか健康会

 

糖尿病のタイプと合併症

                                






            血液中の血糖の量が慢性的に多い状態を糖尿病といいます。

         糖尿病は遺伝的要因に環境要因(過食、肥満、ストレス、大量

         飲酒、運動不足など)が重なって発病します。糖尿病には次の

         4つのタイプがあります。


         1 インスリン依存型(T型)


          すい臓のランゲルハンス島のβ細胞が破壊されインスリンの

          絶対不足から起こるためインスリンの補給が必要になります。


         2 インスリン非依存型(U型)


          ほとんどの成人の糖尿病タイプになります。インスリンの分

          泌量が不足していたり遅かったりのため血糖のコントロール

          がきかなくなります。


         3 特定的原因


          慢性膵炎、すい臓ガンなどですい臓が正常な働きをしない。


         4 妊娠糖尿病


          糖尿病による合併症には気をつけましょう。次のようなものが

          あります。

          糖尿昏睡、脳梗塞、脳出血、糖尿病網膜症、白内障、緑内障

          外眼筋麻痺、顔面麻痺、味覚鈍麻、歯周病、立ちくらみ、高血圧、

          狭心症、心筋梗塞、心拍異常、肺炎、肺結核、脂肪肝

          胆石症、胆のう炎、腎盂腎炎、膀胱炎、排尿障害、インポテンス、

          筋萎縮、下肢閉塞性動脈硬化、しびれ、冷感、痛み
  
          皮膚感染症、壊疽などです。


          血液中のブドウ糖が増えるとアルドース還元酵素が働きだして

          ブドウ糖をソルビトールに変えます。血糖が正常なときはソル

          ビトールを果糖に変えて出せるのですが高血糖状態が続くと処理

          できなくなり蓄積されます。その結果酸欠状態となりいろいろな障害が

          でてきます。


      糖尿病改善 李先生の自宅でできる糖尿病改善プログラム

     【荒木式】糖尿病克服プログラム〜インスリンも薬もやめられた画期的な食事法〜(DVD配送版)






 

トップページ

前立腺肥大症について
         
ガンについて

目の病気

糖尿病のタイプと合併症

血液の役割

アレルギーについて

大腸と内臓のかかわり

便秘の種類

分子矯正






                                                  Copyright (C) さわやか健康会  ALL Rights Reserved