目の下のくま・たるみを改善するネバーエイジング・ストーリー(冊子版)
                                                       

分子矯正のさわやか健康会

                                          

目の病気  





       
   一般的に気をつけたい目の病気

        人が目で物を見るということは物に光が反射し水晶体を通り

        網膜に映し出された映像が視神経を伝わって脳で見えると感

        じることです。一般的に気をつけたい目の病気をとりあげて

        みました。


        白内障(水晶体で)

 
        水晶体内のコラーゲンが酸化し白く濁った状態をいいます。

        近視、遠視(水晶体)

        水晶体が光老化しレンズの弾力性を失い焦点が合いにくくな

        ることで、焦点の位置が変わってきます。



        網膜はく離(硝子体) 飛蚊症(網膜)


        硝子体が光老化し固くなり、網膜から硝子体の一部がはがれ、

        間に水が溜まってはく離したのが網膜はく離です。また光

        が走る、糸くず虫が飛ぶなどが飛蚊症です。



        乱視(網膜)


        網膜が光老化して波を打って映像に歪みが出て物が二重に見

        えます。



        黄班変性症(黄班部)


        網膜の一部黄班部が光老化し、排出がスムーズでなくなり老

        廃物が蓄積され充血し中心部がぼやけたりゆがんだりします。

        黒い斑点などの悪性は失明します。


         



           




トップページ

前立腺肥大症について
         
ガンについて

目の病気

糖尿病のタイプと合併症

血液の役割

アレルギーについて

大腸と内臓のかかわり

便秘の種類

分子矯正



                         
                                                     Copyright (C) さわやか健康会 ALL Rights Reserved